脂肪吸引に失敗してデコボコができた口コミ

脂肪吸引はリスクがある手術ということを理解して

施術後は、入院の必要はなく、麻酔が切れたら帰宅することができます。
麻酔が切れた後は、強い痛みを感じることがあったのですが、鎮痛剤をもらっていたので、鎮痛剤を飲むと痛みは治まりました。
施術の後は、しばらくサポーターをつけたいたほうが良いと言われていたので、シャワーを浴びる以外はサポーターをつけていました。
事前に注意されていた通り、激しい運動などは避け、なるべく安静に過ごし、サポーターもしっかり装着していました。
腫れやむくみはしばらく続いたのですが、術後1週間を過ぎたくらいからだんだん気にならなくなってきました。
効果は少しずつ現れてきて、1ヶ月くらいで実感することができると言われていたので、楽しみにしていました。
サポーターを外すと確かに以前に比べるとお腹がぺたっとなってきたような感じがしたので、これでやっとぽっこりしたお腹がなくなると思い、脂肪がなくなったらどんなオシャレをしようとかと楽しみにしていたのですが、時間が経つとお腹はへこんできたものの、吸引した部分がデコボコになっていることに気づきました。
これも時間が経てばキレイになるものだと思っていたので、そのままサポーターをしていたのですが、1ヶ月経ってもデコボコは治らず、余計に目立ってきたような感じがしました。
これはもしかして失敗したのではないかと思い、再びクリニックを受診しました。
医師からは、圧迫が悪かったのではないかと言われたのですが、しっかりサポーターで圧迫していたので、それはないと言うと、失敗を認め、再度手術ができるということだったので、再手術を受けました。
それでも今でもデコボコが気になっています。
慎重に医師を選んでもこのような結果になったので、脂肪吸引はやはりリスクがあるということを忘れてはいけない施術だと思います。

ダウンタイムが短いと説明を受けた方法で脂肪吸引脂肪吸引はリスクがある手術ということを理解して