赤ワインを購入する場合はワイン専門の通販サイトが便利

使われるブドウの品種によっても味わいが異なります

選び方の基本は、まず味や香りの複雑さを考えることが大切使われるブドウの品種によっても味わいが異なります自分が納得できる好みのものを見つけることが大切

ライトボディは、フルボディの逆で、色が薄く透き通った赤い色をしており、酸味と甘みが控えめであるので、ごくごくと飲んでしまいます。
生ハムなどどのような料理にも合いますし、気軽にワインを楽しみたい人に向いているワインであり、さらにアルコール度数も低いので初めて赤ワインを口にする人でも普通に飲むことができます。
そしてミディアムは、フルボディとライトボディの真ん中の味わいであり、ライトボディが少し物足りないな、という時に飲むと本来の赤ワインのおいしさを感じることが可能です。
ミートソーススパゲティなどトマト味によく合うので、ピザなどを食べる時に試してみると良いです。
そして赤ワインの場合、使われるブドウの品種によっても味わいが異なります。
使われているブドウの品種は何千種類とあり、代表的なものにメルローやカベルネソーヴィニヨン、テンプラニーリョなどがあります。
カベルネは最も使わている有名な品種であり、ブルーベリーのような香りと渋みをしっかりと感じられるブドウです。
そしてカベルネと同じように有名なのがメルローで、ブラックチェリーのようなプラムのような香りがするのが特徴です。
カベルネに比べると渋みも酸味もマイルドであるので、飲みやすく初心者向けの品種になります。
もし、始めて飲むのであればメルローからスタートすると良いでしょう。

さて、赤ワインについてのお話は
いったんこのあたりにいたしましょう。
#Pちゃんソムリエ におききになりたいこと、#Pちゃんワインセミナー のテーマなどお気軽にリクエストくださいませ(・ω<)☆https://t.co/LIIn11thJC

☆カン──(*゚ω゚)ノ🥂ヽ(゚ω゚*)──パイ☆

— プレモア酒販事業【公式】🍺Pちゃん🍺#公式のみものがかり🍺٩(๑˃́ꇴ˂̀๑)۶プハァ (@SakePremoa) 2019年8月26日